いつのまにか、古希が目の前になりましたが、学生時代、社会人として、1歩を踏み出したころの鉄道が懐かしくなりました。つい先日であったような感じですが、撮り貯めた写真を見ますと、鉄道風景も大きく変わりました。私鉄を主に、北海道を除く日本中巡りました。好みに任せ、乱雑に撮り、メモも充分とっていませんでしたので、あまり価値のあるものはないと思いますが、1957年(昭和32年)〜1970年(昭和45年)の鉄道風景をご覧頂きたいと思います。 (2004年5月記す)

(昭和30年代、40年前半の鉄道の姿)  立ち上げてから14年の歳月が流れ、たくさんの方にアクセス頂き、有難うございます。近鉄ビスタカー、国鉄ビジネス電車特急「こだま」の登場に始まり、東海道新幹線の開業に至る昭和30年代は、まだ、地方の私鉄も活気があり、軽便鉄道でさえ、走っておりました。昭和40年代は「ヨンサントウ」と呼ばれる昭和43年10月1日の国鉄ダイア大改正により、電車、気動車による無煙化、高速化を実現し、幹線の特急が増強され、鉄道の近代化が本格的になる一方、蒸機機関車は残り少なくなり、路面電車はモータリゼーションの波で、交通の邪魔者扱いにされ、殆どが廃止に追い込まれて行きました。地方の私鉄も勢いを失い、軽便鉄道は姿を消してしまいました。
 現在、年配のファンでも、「ヨンサントウ」を起点とされる方が多いように見受けます。しかし、その前のバラェティに富んだ鉄道の姿も偲んで頂けるものと思います。是非、後世に語り継いでほしいものと思い、やや落穂ひろい気味になりますが、まだ、アップロードしていないもの、初期のページをより読みやすく、リニューアルをしたいと思っております。引き続き、ご覧頂きたく、お願い致します。(2018年10月記す。)
 

 

    ニューリリース
主に昭和30年代の鉄道風景を載せて参りましたが、ネタも少なくなりました。三重交通三重線に762mmゲージの軽便鉄道としては画期的な垂直カルダン駆動の3連接電車4400形が登場しましたので、昭和36年2月に訪れました。このとき、近鉄名古屋線も撮っておりました。標準軌1435mmに改軌して2年経ちましたが、最もビスタカーのイメージとして残る10100系ビスタカーU世の名阪ノンストップ特急が疾走し、「宇治急」として有名な名車2200系も移って来て、急行として健在でした。



 東急旧5000形は多くの地方私鉄に譲渡されましたが、長野電鉄には最も早く、多く、移りました。1981年(昭和56年)に長野〜善光寺下の地下化されることになり、地下鉄の安全基準に合わせた電車が必要になり、5000形を譲受し、2500形としました。青蛙が赤蛙に変身しました。しかし、外板の腐食が進み、1993年から営団、日比谷線の3000形を3500形として、導入することになりました。1993年5月、友人とその最後の姿を収めようと訪れました。長野電鉄の沿線の代表的な風景のりんご畑をゆく、2500形と特急2000形そして、最後のオリジナルカー、OSカーも元気に走っておりました。


 

1986年(昭和61年)に架線電圧をDC1500Vに昇圧するため、東急から5000形を譲り受け、「丸窓電車」として有名になったモハ5250形などの旧型車を置き換えました。しかし、車体の腐食が進み、冷房化のニーズもあり、1993年5月28日に7200形が入り、5000形が塩田平を走るのは、わずかな間だけでした。直前の5月8日にその姿を収めようと友人と訪れました。


海外出張で、鉄道に乘る機会はほとんどありません。1995年2月に台湾の高雄に出張したときは、帰路の航空便の予約はしていなかったので、台北まで、鉄道で移動することになりました。切符を買う時間は取れませんでしたので、ホテルのコンシェルジュに依頼し、取ってもらいました。2月10日の朝、どんな電車が待っているか?期待に胸を膨らませて、高雄駅に向いました。待っていたのは、切妻の不愛想な顔つきの電車でした。




はーさんは長い間、モータ(電動機)の適用技術に携わってきました。電車を始め、いろいろなものをモータは廻してきました。しかし、それにエネルギーを与える電気とともに、技術的には分かりにくく、近づきにくいものと、遠ざけられている感じがあります。そこで、セールス・エンジニアでもあったはーさんが、

(新館)

をしたいと思い立ちました。

    ・電気は馴染めなく、良く分からない!しかし、簡単にあらましを知りたい!

     という方々

    ・電気を知りたい中学生、高校生!

    ・少し技術的にも知りたいと思う鉄道ファン

にご覧頂きたいと思います。

 

        

アイコンをクリック頂くことにより、その鉄道のページをご覧頂けます。

 表が長くなりましたので、下記をクリックすることにより、ご希望の地区の表のトップにスキップ致します。

   私鉄 東北地区 上信越地区 北陸地区 関東地区 中部地区 関西地区 中国地区 四国地区 九州地区

   国鉄  国鉄                           

私鉄

 基本的には私鉄ファンですので、主に撮ったのは各地の私鉄が多く、友人と北海道を除く、各地の私鉄を訪れました。しかし、1、2度の訪問では、その全てを残すことは出来ませんが、その片鱗でもご覧いただければと思います。

アイコンのあるものは既にローデイングしていますので、そのアイコンをクリックしていただければ、そのページをご覧いただけます。

それ以外は順次、気まぐれにページを作成してゆくつもりですので、少々お待ち願います。

 

地方

鉄道名

東北地区

1959年(昭和34年)東北の鉄道

    

        

       

1963年(昭和38年)東北の鉄道

    

    

    

    

    

    
    (リニューアル版)

    

    

    

    

    

(更新2009/02/11)画像追加

TOPに戻る

上信越地区

 

(長野駅構内の画像追加)2007/5/23 

(1977年、ツートンカラー時代)


TOPに戻る

北陸地区

(1963年)

(1972,63年)

5枚の画像の追加などの更新を行いました)2009/6/1

(金沢在住の米さん撮影画像3枚追加)2009/4/16)

              (金沢在住の米さん提供画像追加)2009/5/18)

(下記1984年画像サイトリンク追加)

     

(下記1984年画像サイトリンク追加)

  

TOPに戻る

関東地区

(1959,61年)






 






 

TOPに戻る

中部地区




名古屋市電



(1965年)

(1965年)

(1965年)

TOPに戻る

関西地区







TOPに戻る

中国地区


1号蒸気機関車が西武山口線で活躍する姿を追加しました。(2012−1−22)





(リニューアル版)

 

TOPに戻る

四国地区

TOPに戻る

九州地区

TOPに戻る

 

  

国鉄

 私鉄ファンを自認しており、積極的に撮っておりません。でも、冨山に高校まで居り、父祖の地が信州ですので信越線などの画像は少し残っております。

 

地方

線区

東北地区

仙石線

上信越地区

写真追加更新(2008-9-30)

(1961〜63年)

(クモハユニ44100の画像、説明追加(2009-6-5)

(1962年)

(1961〜67年)

北陸地区


関東地区


中部地区

 

関西地区

中国地区

四国地区

 

九州地区

 

TOPに戻る

 

  

ご覧頂きありがとうございます。

ご意見・お気付きの点など、ご意見頂ければ有り難いのですが!

 

このホームページの記事・写真の所有権は、制作者又は資料提供者に属します。無断複写・転載をお断りします。
(2020-4 -30)更新

    

      


Daishi