フレミングの法則

         

                     図1 フレミングの左手・右手の法則

図1 (a) のように磁束と直行している長さl[m]の導体に電流を矢印の方向に流すと,図1 (b) に示す方向に力が発生する。その大きさFは磁束密度をB[T],電流i[A]とすれば
                         F = Bil              (1)
となる.これをフレミングの左手の法則と云い,電動機のトルク発生原理を示します。
 又,図1 (c) の磁束と直行している長さ l[m] の導体が直角の方向に v[m/s] の速度で運動するとき,導体に誘導する起電力 (Electro Motive Force - EMF) e[V] は
                         e = Blv   [V]           (2)
となり,これらの方向は図1 (d) となります。これをフレミングの右手の法則と云い,発電機の原理を示します。

 

                                                戻る