1981年(昭和56年)に長野〜善光寺下が地下化されることになり、地下鉄の安全基準に合わせた電車が必要になり,東急電鉄から5000形を譲受し、2500形になりました。青蛙が赤蛙に変身しました。しかし、外板の腐食が進み、1993年から営団、日比谷の3000形を3500形として、導入することになりました。1993年(平成5年)5月、友人とその最後の姿を収めようと訪れました。長野電鉄の沿線の代表的な風景のりんご畑をゆく、2500形と特急2000形そして、最後のオリジナルカー、OSカーも元気に走っておりました。

 

普通長野行2500形、2505(先頭)    北須坂〜須坂     1993-5-9

 


普通長野行2500形2504(先頭) 須坂〜北須坂      1993-5-9

 

普通長野行2554(後尾)    須坂〜北須坂     1993-5-9

 

 特急車2000形は冷房化され、配色も変わっておりました。

 

特急湯田中行2000形2006(先頭)   須坂〜北須坂     1993-5-9

3

特急湯田中行2000形2007(後尾)  須坂〜北須坂      1993-5-9 

 

 OSカーも健在でした。1966年に登場した0形は20m、4扉、前面にFRPを用いた高性能WN駆動の通勤輸送を改善する画期的な電車でした。Officemen & Students Carの頭文字を取り、OSカーとしました。

 


OS2 クハ52+モハ2 各駅停車、湯田中行    北須坂〜須坂   1993-5-9

 

 OSカーで始まったレッドとクリームのツートンカラーは2500形にも受け継がれ、りんご色とも言われるようになりました。そのりんご色の電車がりんご畑の中を走る姿を撮りました。5月ではりんごの実は袋の中でしたが、雰囲気だけはお伝え出来たと思います。この後、営団日比谷線3000形を3500形として入り、りんご色は過去のものになりました。、

 

参考文献

  鉄道ピクトリアル 通巻182 1966年4月号 中川浩一 「長野電鉄OSカーを見る」 

 

(2020-4-30)




(トップページ)(別館)

          (本館)