台湾に比べ、韓国の鉄道は日本の鉄道ファンの関心は大きくないように思われます。しかし、韓国の新幹線KTXをはじめとし、韓国の鉄道は近代化が進み、大きな変貌を遂げているように思われます。5月11日から7日間、鉄道パスで韓国を巡りました。その時のわずかな観察ではありますが、関係サイトを参考にさせて頂き、韓国の鉄道の今を少し考えてみたいと思います。
 韓国の中長距離列車は韓国の新幹線、高速線の列車KTX、在来線の特急セマウル号、急行ムグンファ号が主なものと考えられます。

韓国高速鉄道 KTX


KTX-Ⅰ 37編成     2015-5-11        釜山駅

 韓国高速鉄道KTXは2004年から部分開業し、1010年11月にソウル~釜山間全通しました。KTX-ⅠはフランスのTGVとほぼ同じ動力集中式列車で最高営業305km/h、両端に動力車、動力車の次位動力客車、その間に16両の連接客車を連結した20両編成です。車長は客車18.7m、幅は客車2.9m(JR東海N700系は中間車車長25m、幅3.36m)、連接車で在来線に乗り入れるため、新幹線に比べ、小ぶりです。座席配置は普通車は2-2で、定員を増やすためか?中央ご対面の固定クロスになっております。でも、N700系に比べると乗客定員は少ないものと思われます。総出力13,560kW (N700系17,080kW)でやや非力です。架線電圧25kV-60Hz 、駆動方式はウィキペデイアにはGTOインバータとなっておりますが、釜山駅で出発するKTXからはGTOインバータ特有のPWM音を発しておりませんでしたので、多くはオリジナルのLCI(負荷転流式サイリスタインバータ)制御同期電動機駆動ではないかと推定されます。


KTX-山川(サンチョン)   2015-5-12        ソウル駅

 TGVベースのKTX-Ⅰは普通車の固定クロスの評判が悪く、韓国独自で開発したのがKTX-山川(サンチョン)です。やまめをイメージしたスマートなスタイルはKTX- Ⅰのいかついお顔とは対照的です。IGBTインバータ制御かご形誘導電動機1,100kW、4台で駆動される動力車が前後にあり、その間に8両の連接客車を連結した10両編成の動力集中式列車ユニットです。支線でも運用できるよう10両編成にしたようですが、2ユニット連結して運用されることも多いようです。


KTX-山川(サンチョン) 2ユニット連結 2015-5-12         ソウル駅

 1ユニットの総出力は8,800kW、2ユニットで17,600kW、N700系系とほぼ同等になり、KTX-Ⅰに比べて、パワフルになりました。同じく、DBのICE3も8両編成で8,800kW、2ユニットで運転されることも多いようですが動力分散方式です。しかし、KTX-山川(サンチョン)は動力集中方式のため、4両の客の乗れない車を連結せねばなりません。何故、動力分散方式にしなかったのでしょうか?、このデッドスペースの為、KTX-Ⅰより、乗客定員がかなり少ないようで、ソウル~釜山間の高速線列車には全く使われておりません。

在来線特急 ITXセマウル


ITXセマウル 210000系電車  2015-5-11       釜山駅

 高速鉄道開通後も在来線の京釜線、ソウル~釜山間に特急セマウルが運転さていておりました。2014年5月から、210000系電車、6両編成で運転されています。この電車は最高速度150km/hで、ソウル~釜山間441.7kmを11駅停車で表定速度91km/h(一例)で走ります。一日7本運転。210000系電車は2009年に1編成だけ日立製作所は製作し、ソウル近郊でヌリロ号として運行している200000系をベースとしているものと推定されます。
 このほかの電化区間にもITXセマウルを走らせております。

 
中央線ITXセマウル 210000系電車  2015-5-14        清涼里駅

 中央線にもITXセマウルが電化区間南端の栄州まで走っておりました。朝夕各1本だけですが!
 ITXは2011年にソウル近郊電鉄の京春電鉄線の龍山、清涼里~春川間、98km)を368000系電車で、1時間13分で走破するITX青春が初めのようです。368000系は最高時速180km/h、2階建て車両2両を含む8両編成で、韓国の電車では画期的なものだったようです。


京春線ITX青春 368000系電車    2015-5-14     清涼里駅

 走り去るITX青春を撮りましたが、残念ながら、ぶれて仕舞いました。

在来線急行 ムグンファ


京釜線8200形電気機関車牽引ムグンファ1209レ 2015-5-11        釜山駅


ムグンファ1209レのサボ


ムグンファ1209レの客車        2015-5-11      釜山駅

釜山駅のホームでKTXを撮っていましたら、電気機関車に牽引された旅客列車が到着しました。満席に近い乗客を乗せておりました。サボを見ましたら、ソウル9:50発、釜山15:14着のムグンファ1209レのようです。所要時間5時間24分です。23駅停車で表定速度82km/hです。ソウル~釜山間のムグンファは1日17本、約40分から1時間ヘッドで運転されております。夜行列車も2本あります。客車も新しいようです。日本では新幹線と並行している在来線には普通区間列車しか走っていませんので、これは、びっくりです。
 牽引機関車8200形はドイツ、ジーメンスの汎用電気機関車”Euro Sprinter”シリーズの貨物用ES64Fをベースに韓国用にカスタマイズし、客貨両用、出力5,200kW、25kV-60Hz最高速度150km/hとして、ジーメンスの協力を得て、韓国のロテム社が製作したものです。依って、DBのClass152とそっくりで、軸配置もBo-Boです。この軸配置の機関車はヨーロッパの鉄道の基準、軸重17トンに耐える線路にせねばならないようですが、韓国の鉄道も路盤を強化しているのでしょう。


中央線8200形電気機関車牽引ムグンファ1621レ慶州経由釜田行 2015-5-14   清涼里駅

 慶州まで乘った中央線の昼行唯一のムグンファ1621レも、栄州まで8200形電気機関車に牽引されました。この機関車が導入されるまで、使われていた1972年に輸入されたげんこつ電機8000形は廃車になったものが多く、沿線の駅でたくさん留置されており、ペンキもはがれた姿をさらしておりました。


中央線7300形ディーゼル電気機関車牽引ムグンファ1622レ清涼里行 2015-5-16        慶州駅

この写真は乘った2日後の中央線ムグンファ1622レ清涼里行ですが、非電化区間ではディーゼル電気機関車7300形に牽かれていました。
 韓国では、米国製ディーゼル電気機関車が
主役であった時代が続いたようですが、この7300形は米国EMD製、1986年から作られたアメリカンスタイルの機関車で、最高速度150km/h、出力3000HP、軸配置C0-C0です。


中央線ムグンファ1622レ清涼里行の客車  2015-5-16        慶州駅

  中央線ムグンファは1621、1622レの客車は7両で、最後尾は電源車です。かなり古い客車のようです。


東海南部線ムグンファ1776レ東大邱行のRDC(気動車)  2015-5-16        慶州駅

 ムグンファ号は通勤用気動車9501系を改造したRDC(Refurbished Diesel Car)で運転されているものもありました。明確ではありませんが電気式気動車のようで、最高速度120km/hです。カッフェも付いております。
 韓国鉄道公社KORAILではソウル近郊線以外ではほとんど各駅停車の普通列車を廃止しており、ムグンファ号が列車により、停車駅を変えるなどして、対応しているようです。
 KTXとムグンファが韓国の鉄道の主役といっても良いでしょう。

観光列車


7600形7610ディーゼル電気機関車牽引観光列車 2015-5-14   清涼里駅

観光列車のパノラマ客車 2015-5-14   清涼里駅

 慶州移動のためムグンファ1621レに乘るため清涼里駅のホームに降りたちましたら、反対側のホームに派手な列車が停まっておりましたホームの表示器には8:20発A-trainとありました。堤川から太白線に入り、さらにその支線旌善線の終点アウラジまで行くようです。旌善アリラン遊覧列車とも称されているようです。
 7600形はGEがイギリス、トルコ、オーストラリアに輸出した箱型のディーゼル電気機関車PowerHaulモデルを韓国の状況に合わせて作ったものです。VVVFインバータで制御するする交流電動機駆動で、9%の省エネ効果があるとのこと。出力2750kW、最高速度150km/h、軸配置C0-C0です。7610号機は旌善アリラン遊覧列車専用機です。
 
 7日間の旅の間に、乘ったり、写したりしたほんのわずかなことを関連サイトを参考にして、私見を纏めてみました。地下鉄、ソウル近郊電鉄線などは見ておらず、すべてカバーしたとは到底言えませんが、今の韓国の鉄道をちょっと見て頂ければと思います。

参考ウェッブサイト
 
ウィキペディア「Category:韓国の鉄道車両」ttp://ja.wikipedia.org/wiki/Category:%E9%9F%93%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%89%84%E9%81%93%E8%BB%8A%E4%B8%A1
           とそのリンクサイト
 KORAIL時刻表                 http://moyashimon2010.web.fc2.com/korea/index_korea.html        

(2015-6-3)