いつのまにか、古希が目の前になりましたが、学生時代、社会人として、1歩を踏み出したころの鉄道が懐かしくなりました。つい先日であったような感じですが、撮り貯めた写真を見ますと、鉄道風景も大きく変わりました。私鉄を主に、北海道を除く日本中巡りました。好みに任せ、乱雑に撮り、メモも充分とっていませんでしたので、あまり価値のあるものはないと思いますが、1957年(昭和32年)〜1970年(昭和45年)の鉄道風景をご覧頂きたいと思います。 (2004年5月記す)

(昭和30年代、40年前半の鉄道の姿)  立ち上げてから14年の歳月が流れ、たくさんの方にアクセス頂き、有難うございます。近鉄ビスタカー、国鉄ビジネス電車特急「こだま」の登場に始まり、東海道新幹線の開業に至る昭和30年代は、まだ、地方の私鉄も活気があり、軽便鉄道でさえ、走っておりました。昭和40年代は「ヨンサントウ」と呼ばれる昭和43年10月1日の国鉄ダイア大改正により、電車、気動車による無煙化、高速化を実現し、幹線の特急が増強され、鉄道の近代化が本格的になる一方、蒸機機関車は残り少なくなり、路面電車はモータリゼーションの波で、交通の邪魔者扱いにされ、殆どが廃止に追い込まれて行きました。地方の私鉄も勢いを失い、軽便鉄道は姿を消してしまいました。
 現在、年配のファンでも、「ヨンサントウ」を起点とされる方が多いように見受けます。しかし、その前のバラェティに富んだ鉄道の姿も偲んで頂けるものと思います。是非、後世に語り継いでほしいものと思い、やや落穂ひろい気味になりますが、まだ、アップロードしていないもの、初期のページをより読みやすく、リニューアルをしたいと思っております。引き続き、ご覧頂きたく、お願い致します。(2018年10月記す。)
 

 

    ニューリリース



 父祖の地で、菩提寺も信州中野の山際にあり、戦前から、毎年、渋温泉を訪れておりました。2000形特急電車が走り始めた昭和32年頃は志賀高原の開発も進み、特急に接続して、湯田中駅を出発した6,7台のバスが隊列をくみ、未だ未舗装の道路を砂煙を上げて、志賀高原に登って行きました。電車は2000形特急車も含めてすべてレッド・マルーンでした。この時代の長野電鉄が懐かしく、思い出されます。しかし、残っているのはモノクロ写真が殆どです。モノクロ写真をカラー化するフリーアプリソフトColorizationは幸い、茶系は良く変換されますので、これを使いカラー化した画像で構成した懐かしの長野電鉄を作ってみました。

 

 北陸鉄道、加南線は加賀温泉郷の山中温泉、山代温泉、片山津温泉と国鉄線を結んでいた路線で、1963年(昭和38年)当時は観光客が多く、繁盛しておりました。この観光客急増に応えるため、北鉄では、本線格の石川総線より先に大型電車を就役させ、新型「くたに号」「しらさぎ号」を登場させました。このように繁盛していましたが、特急停車駅を山中温泉の入り口、大聖寺(ダイショウジ)駅と山代、片山津温泉の玄関口の動橋(イブリハシ)駅で争奪戦になり、困った国鉄は1970年(昭和45年)に両駅の中間の作見駅を加賀温泉駅と改称、特急停車駅としました。このため、観光客のルートが変わり、加南線の乗客は激減し、1971年(昭和46年)7月に廃止になってしまいました。繁盛を目の当たりにした昭和38年から8年後のことでした。

 
 単端式ガソリンカー(気動車)というものをご存知でしょうか?ボンネットバスをレールに乗せたものというのが、最も分かり易い説明であると思いますが、観光用などで生き残っているボンネットバスのエンジンルームはスマートですが、単端式ガソリンカーのそれはもっと素朴な鼻が車両の前に突き出ているような代物でした。輸送量の余り多くない地方の軽便鉄道に採用されました。関東では、千葉の九十九里鉄道に使われていました。バスの大型化により、その存在価値が薄くなり、九十九里鉄道も廃止が迫ったとのニュースがあり、1960年(昭和35年)12月11日に思い切って出かけました。九十九里鉄道は翌年1961年(昭和36年)2月28日、最後の日を迎えました 

 

     
はーさんの電車技術雑談ー
最近、話題になっている電車の技術について気楽にお話しましょう!

   最近の電車はVVVFインバータによる交流電動機、主にかご形誘導電動機、で駆動されておりますが、ベクトル制御が標準装備されており、粘着力の保持、改善による0速度からのなめらかな加速、トップ速度から停止までの回生制動、気象条件などによる粘着力の低下などによる滑走の防止など、画期的な性能を有しております。一昔前の抵抗制御の直流電動機駆動の電車に比べ、消費電力の大幅な低減、メンテナンスコストの削減など、大きな進歩を遂げております。この比較を簡単に纏めてみました。ベクトル制御は分かりにくいとは思いますが!!
   最近のVVVFインバータ駆動では回生ブレーキが常用制動ですが、発電制動というものもあります。最近では純電気ブレーキという言葉も聞きます。これらを考え、回生制動の回生失効を発電制動を併用することにより、防ぐ方式も考えてみます。
    永久磁石同期電動機(PMSM)はかご形誘導電動機(IM)に比べ、電動機が小さくなり、効率が高い。直流電動機と同じトルク発生メカニズムであり、制御性能も優れている。このため、電車への適用もある程度、進んでいます。しかし、各個にインバータが必要で、電動機も高い。IMでも、ベクトル制御の適用により、数台の電動機を1台のインバータで駆動する場合でも、制御性能はPMSMに余り遜色はない。
 



 電車は電動機フレームを車軸に吊りかけ、車軸と電動機軸の動きを同じにする吊りかけ方式が取られてきました。このため、ばね下重量が大きく、振動、走行音も大きく、乗り心地にも影響し、高速化、長距離運行も避けられてきました。この改善のため、車軸と電動機軸の動きの差を吸収する継手(カップリング)の適用が、昭和20年代後半から開発、実用化されてきました。この成果は近鉄ビスタカー、ビジネス電車特急「こだま」になり、新幹線に繋がりました。開発の流れとして大きく分けて、カルダンドライブとWNドライブがありました。その変遷を適用例を挙げて整理してみました。



アイコンをクリック頂くことにより、その鉄道のページをご覧頂けます。

 表が長くなりましたので、下記をクリックすることにより、ご希望の地区の表のトップにスキップ致します。

   私鉄 東北地区 上信越地区 北陸地区 関東地区 中部地区 関西地区 中国地区 四国地区 九州地区

   国鉄  国鉄                           

私鉄

 基本的には私鉄ファンですので、主に撮ったのは各地の私鉄が多く、友人と北海道を除く、各地の私鉄を訪れました。しかし、1、2度の訪問では、その全てを残すことは出来ませんが、その片鱗でもご覧いただければと思います。

アイコンのあるものは既にローデイングしていますので、そのアイコンをクリックしていただければ、そのページをご覧いただけます。

それ以外は順次、気まぐれにページを作成してゆくつもりですので、少々お待ち願います。

 

地方

鉄道名

東北地区

1959年(昭和34年)東北の鉄道

    

        

       

1963年(昭和38年)東北の鉄道

    

    

    

    

    

    
    (リニューアル版)

    

    

    

    

    

(更新2009/02/11)画像追加

TOPに戻る

上信越地区

 

(長野駅構内の画像追加)2007/5/23 

(1977年、ツートンカラー時代)


TOPに戻る

北陸地区

(1963年)

(1972,63年)

5枚の画像の追加などの更新を行いました)2009/6/1

(金沢在住の米さん撮影画像3枚追加)2009/4/16)

              (金沢在住の米さん提供画像追加)2009/5/18)


(下記1984年画像サイトリンク追加)

     

(下記1984年画像サイトリンク追加)

  

TOPに戻る

関東地区

(1959,61年)






 






 

TOPに戻る

中部地区




名古屋市電



(1965年)

(1965年)

(1965年)

TOPに戻る

関西地区







TOPに戻る

中国地区


1号蒸気機関車が西武山口線で活躍する姿を追加しました。(2012−1−22)





(リニューアル版)

 

TOPに戻る

四国地区

TOPに戻る

九州地区

TOPに戻る

 

  

国鉄

 私鉄ファンを自認しており、積極的に撮っておりません。でも、冨山に高校まで居り、父祖の地が信州ですので信越線などの画像は少し残っております。

 

地方

線区

東北地区

仙石線

上信越地区

写真追加更新(2008-9-30)

(1961〜63年)

(クモハユニ44100の画像、説明追加(2009-6-5)

(1962年)

(1961〜67年)

北陸地区


関東地区


中部地区

 

関西地区

中国地区

四国地区

 

九州地区

 

TOPに戻る

 

  

ご覧頂きありがとうございます。

ご意見・お気付きの点など、ご意見頂ければ有り難いのですが!

 

このホームページの記事・写真の所有権は、制作者又は資料提供者に属します。無断複写・転載をお断りします。
(2021-5 -30)更新
(2021)-9-2更新

    

      


nagadenMaruun
kanansenNe
kujyukuriNew